便秘 ヨーグルト

ヨーグルトが腸内環境の悪化の原因!?

 

過敏性大腸炎(IBS)という病気を聞いたことがありますか?

 

過敏性大腸炎は、自律神経がバランスを失って、大腸の粘膜が炎症を起こし、下痢と便秘を繰り返す病気です。主にストレスや暴飲暴食、アルコールの飲み過ぎ、過労や体の冷えが原因で起こるといわれています。

 

とくに便秘がちだったり、過敏性大腸炎の人の中には、腸内環境を良くするためにヨーグルトやチーズなどの乳製品を夢中になって食べている人がいます。実はコレ、むしろ腸内環境を悪化させる原因かもしれないんです。

 

昔からヨーグルトなどの乳製品をタンパク源として食べていた欧米人は、乳製品の分解酵素持っている人が多いのですが、日本人の場合は、昔から魚介類や豆などからタンパク質を取ってきたため、乳製品を分解する酵素をあまり体に持っていない人が多いといわれています。

 

乳製品の分解酵素が少ない人が、ヨーグルトやチーズを食べると、分解されない乳成分が腸にたまって栄養の吸収を妨げることがあるそうです。

 

ヨーグルトなどの乳製品がカラダに合っていて、食べるとお腹の調子が良くなる人はいいのですが、体質的に乳製品が合わない方も日本人の中には多いのです。

 

ヨーグルトが体質に合わない人はどうすればいい?

 

牛乳やヨーグルトでお腹を下したり便秘するといった、乳製品が体質にあっていない人には、「植物性乳酸菌」がオススメです。

 

古来から日本人は、みそやしょうゆ、納豆や漬物といった発酵食品を食べてきました。これらの発酵食品には、植物性乳酸菌がたくさん含まれています。だから、植物性乳酸菌は、日本人の体質にあっている乳酸菌といえます。

 

乳酸菌というのは、発酵によって糖から乳酸を作り、悪臭の原因になるような腐敗物質を作らない菌のことをいいます。植物性乳酸菌は、ヨーグルトに入っている動物性乳酸菌に比べると、過酷な環境でも生きていける強い乳酸菌といわれています。

 

昔から日本人は自分の体にあった乳酸菌をうまく食事に摂り入れて、腸内の環境を守ってきたのではないでしょうか。

 

ヨーグルトやチーズ等を食べてはいるけれど、便秘が全然良くならないという人は、和食を中心にして植物性乳酸菌がとれる食生活をしてみると効果があるのではないかと思います。

 

こんな食品に植物性乳酸菌は多く含まれています。

  • 味噌
  • しょうゆ
  • ぬか味噌漬け
  • しば漬け
  • 納豆
  • キムチ
  • ピクルス

 

そうはいっても、

 

「毎日和食にして発酵食品を取るのは難しいかな・・・」

 

という人には、カゴメの「植物性乳酸菌ラブレ」というサプリメントがオススメです。1日1粒で100億個以上の植物性乳酸菌が入っているので、誰でも簡単に十分な量の植物性乳酸菌を摂ることができます。

 

ラブレ

 

植物性乳酸菌ラブレの詳細はこちら

 

ラブレの口コミ
25歳 女性

7日間ではきれいにすっきりスリムとはいきませんでしたが、少し解消された気がします♪
しかも継続が苦手な私でも3粒飲むだけなら楽に続けられそうで、これだけでお腹がすっきりするならとってもお得ですよね。

 

そして実は便秘になりやすい体質なのですが、そちらも解消されてすっきり
!便秘が解消されると1日の気分が全然違います☆

 

快適な生活をおくることができました。
さすが180億個のラブレ菌!

36歳 女性

便秘気味でしたが、お通じが良くなりました。力まなくても、自然に出る感じで。薬でなく、乳酸菌という所も気に入ってます。

※あくまで個人の感想であり、飲用時の感覚には個人差があります。